アトランティス

自分の路をたどります

これは鳥神に頼るしかない。



鶏肉が気に入っていること、過去に、ブルーエイビアンズという、青い羽の生えた顔が鳥の宇宙人が自分のなかに入っていたこと、

自分のパワーアニマルに会いに行ったとき、空飛ぶ恐竜だったこと、

エジプトの、頭が鳥の神様と時々繋がって、助けられているということ、

そして、おそらく鳥神の彼は、私の先祖であると言えるということ、

自分の中の悪魔を救ったとき、悪魔の姿が、羽が生えた小さい恐竜みたいな存在だったこと、

そしてそれを助けたとき、虹色の龍になって昇っていったこと、

自分のなかに鳳凰のような鳥が飛んでいるのを見たことがあるなど、

なにかと、わたしは鳥的なものと縁がある。




エジプトの鳥神は、時空を越えた存在だといつも感じるが、

私自身も、デジャヴが多い。

予知能力みたいなものがあったり、前世を沢山思い出したり、生まれる前の天国での生活を覚えていたり、

未来のことがわかったり、予想したことが現実になったりなど、

なんだか鳥っぽいのだ。

なんで、鳩時計なるものがあるのだろうかと思っていたが、

鳩時計を作った人は、鳥は時空を越えた存在だと知っていたんだろうか。

私が現在悩んでいるあらゆることは、すべてその時空が存在しているからだと言える。

次元を越えて、あらゆるトラウマやいざこざ、悩みなどを解消するには、鳥神に頼るしかないと、さっき思った。

肉体的な悩みなどとの向き合いかたも、そろそろわかるようになりたい。

彼らは確かに存在しているが、私の悩みも確かに存在している。

これらはどう向き合えばよいのだろう。

そして、アスペルガーにありがちな、根本的なかなりの深い劣等感を、どう扱ったらよいのだろうか。

問題は山積みである。












.

広告を非表示にする