アトランティス

自分の路をたどります

ローカーボ



とりあえず、発達障害気味な自分の性質とどう向き合うかについて考え、

とりあえず、ローカーボ食を意識しはじめた。

ローカーボとは、炭水化物を抜くこと。

糖質制限とも言うのだとか。

よくわからないが、炭水化物はごはんやパン、あと麺とかにたくさん含まれていることは知っている。

前々から、身体にも脳にも良くないから、小麦を抜きたいと思っていたので、丁度いいと思い、やってみることに。

発達障害は、脳機能障害みたいなもの。

日頃、頭の中にパンみたいなのが詰まっている、からだの中にも潜伏していると、いつも思っていた。

だからほんとうに、丁度いい。

炭水化物を少な目にー!

そう思い我流で始めたのだが、ローカーボに重宝されるのが豆腐。

豆腐、身体によくないものも入っているけれど、どうなのこれ。

そんな風に、見るもの見るものによくない部分を見いだして、頭がこんがらがる。

結果、不食になりたいという思考になり、ローカーボ兼、不食気味な生活を送ることに。

ローカーボは、炭水化物はとらない代わりに、たんぱく質や油は多めにとるらしい。

いままで炭水化物とたんぱく質って同じだと思ってた。セットだと思ってた。

よくわからない。

現在のゆるいローカーボ兼不食気味生活は3日目。

とりあえず大豆製品に手を出してみたら、バナナ味の豆乳とか、炭水化物10gも入ってた。

あと、バナナとかたんぱく質多そうと思って選んだら、バナナも炭水化物多かった。

なんだかよくわからないから、とりあえず、ご飯パン麺には手を出さないようにしようと、ゆるゆるな感じでローカーボをはじめた。

私基本的に頭がいつもおかしい。

すこし酔っぱらってるみたいな感じの感覚によくなってる。

ぼーっとしてる。けど、発達障害にありがちな、いつも不安でいっぱいだから、なんか考える癖があって毎日疲れるすげー疲れる。

あと、鶏肉をよくたべる。

昔に、体調不良の原因は肉を食べるからなのかと思って、5年くらい肉食べなかった時期あった。

けれど、体調よくならなかった。

発達障害の人たちはみんな基本的に体調いつも悪いらしい。

なんでだろう。

吉濱さんの本読んでる最中だからまだよくわからない。

吉濱さんの本とか喋ってる動画とか見てていつも不思議なのが、前に存在知ってた訳じゃないのに、知ってる感じがビシビシ来る。

吉濱さんの生い立ちとか、知らなかったのにすげー知ってた。

なんなら、私の生活の一部だった。なんなんだろうこの感覚。

瞬間移動するKan.さんに出会ったときみたいな衝撃。

よくわからないけれども、しっかり生きて、しっかりオリジナルでお金稼いでいて、すごいな。

ほんとうにすごいな。

しっかり宇宙人だし、宇宙人的な本も出している。すごいな。











.

広告を非表示にする