アトランティス

自分の路をたどります

ずっと同じでいてほしい2



前に来た、職場の上司、かれはコロコロ姿を変える不思議人物だった。

かれ自身はそれに気づいているのか。

彼は誰にでも合わせることができると思う。

ものすごい光るものを心臓から小出しにしながらしゃべっていた。

全開にしたら、どうなるんだろう。



あれはまるで、私みたいだと思った。

私も自分を小出しにしている。

ひとはみな、小出しにしている。

状況判断をせずにいられないのだ。

みんなみんな、小出しにしている。











.

広告を非表示にする