アトランティス

自分の路をたどります

時の神


じぶんがその時の苦しみにフォーカスして、なんとか向き合おうとしているとき、必ずくるのは、エジプトの男性神

今日、とてつもない恐怖が自分のなかにあると自覚した。

数年に一度、その恐怖に気づいて震えて、また忘れるということを繰り返していた。

それは性に関する恐怖と苦しみで、自分が女性であることが絶望と感じて、かなりの悲しみである。

こんなにも、自分はどうしようもないものを抱えている、こんなのいったいどうすればいいんだと。

そして、エジプトの神に頼んだ。

なんとかしてくれと。

すると、ヒントをくれると同時に、すこし助けてくれた。

「これがあると、お前は現在に生きられなくなる。これは昔に設定されたものだ。お前はこれにより、自分を封印し、その場所で生きることによって生き永らえてきたのだ。」

「自分自身の恐怖と向き合うことによって、自分を発見することができるようにしたのだ。それは長年の夢でありテーマであった。人が自分を思い出し、自分が生まれ、全力で生き始めるということ。自分を取り戻すということだ。」

長年ずっとほったらかしだった恐怖に、今日初めて向き合った。

それは、私が集中しただけ、助けてくれた。

思えば、いつもそうだった。

意志は私に託されている。


そのエジプトの神は、たぶんきっと、時間を司る神ではないかと思う。

時間を超越した存在であると、いつも感じるし、ヒーリングの際も、時間を超えた角度からのヒーリングを促してくれる。

どうやら、わたしは、その性に関する恐怖と、今世自分の存在を肯定できないことは、根本原因は同じであるらしかった。

自分の存在を肯定できないと、自分がそこにいられなくなる。

自分がそこにいられなくなるということは、常に自己否定をしながら生きているようなもの。

とても苦しく、まさに現在のわたしの苦しみである。





エジプトの神から、気付きをもらった。

「いつも次元を超えた方法で解決することを試みることだ。現在の問題の中でどう解決するかを考えるのではなく、いつもその次元を超えることをしなさい。」

とのこと。

そうか。

これはとても感覚的な話だが、分かるときにはわかる話だ。

わたしはいつも、どうしようもないものを発見しては、途方もなく悩んでいた。

そうではない、もっと大きな方法で解決することにフォーカスできると、教えてくれた。

エジプトはミラクル過ぎる。

以前、エジプトの神に聞いた。

大きな石を動かすとき、どう遣ってやっていたのかと。

すると、持つでもなく、触るでもなく、視覚操作していたそうだ。

自分自身の高い波動を石と同調させ、意思のまま、動かしたいところへ動かせたのだとか。

それは本当なのか知らないが、なんとも分かりやすい。

そして、想像よりもかなり簡単に動かしていたらしい。











.

広告を非表示にする