アトランティス

自分の路をたどります

阿天とアテン




http://sari-mk-44.hatenadiary.com/entry/2017/04/30/002922




以前、阿天という太陽みたいなエネルギーの存在が、私のなかに入ったことについて書いた。

なんと、エジプトにも、アテンという太陽神がいるらしい。

もともとは太陽神ラーから分離したラーの一形体なのだそうで、

アテンの姿は太陽から手が無数に伸びている絵だった。

昔、太陽神ラーのもとで生きているブルーエイビアンズという、青い羽の生えた鳥人間の宇宙人が、わたしのなかに居たことがあった。

鏡を観たとき、居たのだった。

ブルーエイビアンズは、青い巨大な、地球の何倍もあ大きな宇宙船に乗っている。

彼らは、その巨大な宇宙船をたくさん所有しているらしく、実際にNASAが撮影した写真にうつりこんで居たことが何度かあるそうだ。

私と太陽の関係って、なんなのだろうか。

私はまだまだ、太陽について知らない。

私が鏡のなかのブルーエイビアンズと目があったとき、彼が私にとってよい存在か、悪い存在か、わからなかった。

けれど、彼は(彼か彼女かもわからない)、私から目をそらすこともなく、じっとこちらをみていた。

むしろ、目をそらしたのはこちらのほうで、私は、全てを見られている気がした。

全て、明け透けに、しかも、私とは違った視点で全てを見透されているような、そんな感覚だった。












.

広告を非表示にする