読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトランティス

自分の路をたどります

たまに見る夢





夢の中で、自分がいろんな人になっている夢を見る。

それは、最初からそうなのではなく、自分自身は空を舞う傍観者なのだが、

それを見ているうちに心配になったり、好奇心がわいたり、何だかよくわからないが引っ張られたりしたら、

その人の体のなかに入ってその人になって、奮闘している夢を見る。

なので、そのような夢を見るときは、男になったり女になったり、体型もばらばらである。

登場人物のなかに「自分」は出てこないし、なんと、国籍もばらばらで、日本でないときが多く、知っている人物も出てこない。

共通しているのが、切迫した雰囲気であること。

そして、自分はそこで、登場人物の中に入ろうと思って入るのではなく、興味を持って少しでも目を止めると気付いたらもうその人になっているという夢だ。

それは、夢の最中は気づかなかった。

一連の流れが何がなんなのかが、ずっとわからないし、人間たちに何が起きているのかわからないが、なんだかいつも大変で、

自分はただ流れるようにその場でいろんな人になったり、無意識に人の中に入っている。

今日見た夢は特に、私は空をひゅうひゅうとひらひら落ちるように飛んでいたら、とある駅のホームで電話をする外国人男性が目に留まった。

その人は電話を終えると、誰かに促され、タクシーに乗った。

そして、はっきりと覚えていないが、タクシーをいそいで乗り継ぐことを何度もしていた。

それは誰かにはやくしろと促されて、その人は抵抗せずに頑張ってそうしていたが、

そのうちその外国人男性はどんどん元気がなくなり、生気がなくなり、遂にはタクシーの足元にだらりと横になってしまった。

おい起きろ、はやく次が来るぞと、誰かに言われるのだが、その誰かの姿がどんななのか、影も見えないのでわからない。

気付いたら、男性の横に自分も寝そべり、大丈夫か、と言うと、

彼は、私の体をがっしと抱え、外国語で喋り出した。

内容は、「おれはここまでやったんだ。もう無理だ。どうしてくれるんだ。おれはここまでやったんだ。見返りがあるのか。」というような、脅しのような内容だった。

私は、知らないことで問い詰められたので驚いた。

けれども彼は、私を離さなかった。

私はなぜここに居るのだろうとその時思った。

何をしているんだろうと思った。

その時、私は人間だった。

空を舞っていたが、人間で、髪の長い女性の格好をしていた。けれども、動きはまるで龍のようだった。

朝起きて、私はこのような夢を何度も見ていると、気付いた。

何度も、昔から見ている。

朝起きたら、いつも苦しい感覚で目覚める。






私は、龍たちといっしょに洞穴に寝ていた記憶がある。

当時布団などなかったが、龍たちみんなで丸まって塊で寝ると、暖かいのだ。

風が強い日でも、みんなで寝ると暖かかった。

私は龍だったのだろうか?と、思うが、私はその時人間でもあった。

それに、人間は現在でも龍なのだと、よく聞く。

私は正しい歴史はわからないし、真実もよくわからないが、もしかして、人間は半龍半人のように、TPOでたまに人間になったり龍になったりしていたのだろうか?

それとも、龍と人は共存していて、昔は人や龍を呪術によって操ったりしていたこともあるから、

そのようなことのひとつで、私の一部がほかの次元で龍としてさ迷っているのではないか?と思った。

夢の中の私は、人間のことを心配していた。

けれど、男性が最後に責めたのはわたしだった。

なぜなら、そこには男性と私以外に誰も居なかった。

誰かがはやくしろと男性をうながしていたが、それはもしかして、私だったのかもしれない。

私は、昔、夢の中で呪術によって舞を踊らされていた時代があった。

自分は踊りたくないが、体が勝手に動いていた。いつ踊り始めたか覚えていない。気付いたら、いつもおどっていた。

私はそれが絶望的な感覚で悲しかった。

死んでしまいたいと思うような感覚だった。

それと、今回の夢とが似ている。

私はその気が無いが、動かなければならない方の自分は、男性を促し続けていたが、本当の私はその外から見ていて、たまに一体化しては

その状況を体験していたのではないかと思う。

幽体のほうに種類があり、そのどれかが指示的に作動しており、私の龍体のほうは自由なのだが、

龍体と幽体が一体化したとき、男性に悪さをしている自分にふと気が付き、え?!と思う。

えっと思うけれど、あまりはっきりと自覚ができない。まるで酔っぱらって映像を見させられているかのような、

なぜこの状況なのだろうかと感じる。

なぜなら、あらゆる次元の体がすべてひとつになっての自分であるから、その一つでも稼働率が低かったら、自覚する能力も欠損してしまうから。 

きっと、まだよくはわからないが、過去に呪術をかけられた龍体としての私が、どこかでずっと、何百年もそのまま生きて居るのだなと、感じた夢だった。











.

広告を非表示にする