読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトランティス

自分の路をたどります

仕事選び





人間として身体を持って生まれたということは、私たちは生きている限り、身体を使って生きるということだ。

そんな単純で当たり前な事に気がついたのはつい最近で、怠け者の私は、動かないことこそが最高の楽だと信じていた。

けれど、実際に私が幸せを感じる動作は、移動したり、歩いたり、知らない街を歩くことだった。

自分が人よりも違う点は、「移動」が好きだと言うことだった。

なので、新しく選んだ仕事は、移動の多い仕事を選んだ。

すると、なんとも私の質にすごく合っているのだと気がついた。

いろんな職場を転々とし、つい最近まで、2年間もミシンを使うような移動など皆無の職に就いていたけれど、

ほんとうにあの職業が自分の適職ではなかったのだと、辞めた後に気がついたのだった。












.

広告を非表示にする