読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトランティス

自分の路をたどります

ツインレイ


ツインレイって、どんな人なんだろう?

ずっとそう思っていた。

ツインレイとは、もとは1つの魂が、2つに分かれた魂の片割れのこと。

ツインレイ同士が現世で出会うと、なかなか試練も多いのだとか。

自分と全く違う部分があったり、全くタイプじゃなかったりするらしい。

けれど、自分とおんなじで、これまでずっと2人は繋がっていたと知らされるのだとか。




私は、まだ見ぬツインレイが、どんな人なのか、なんとなくわかってしまった。

TVを見ていて、じわじわ思い出してきた。

確かに、一緒に居るにはリスクが大きい。私はすごく歩み寄って、今よりも何倍か成長しないといけない。

何よりも、私がずっと苦手としていた、なるべく死ぬまで関わりたくないと思っていた分野の人だということがわかってしまって、まだ会いたくないと思う。

私はまだ、受け入れられないと思う。

だけれど、私はまだまだこれから、成長してゆくのだなと思った。

この先のこと、これから起こる未来を、なんとなく思い出してきた。



相手が生まれてからこれまで、どんな日々を過ごしてきたかがなんとなく分かる

まさに、たしかに、ずっと繋がっていた。

見た目や生き方が違っていても、全く同じ苦しみを共有していた事に気付いた。



マスターに、今後私達は会うのだろうか?と質問をしたら、「会いたいと思ったら会えるよ」と言われた。

私もそう思う。

私は徐々に、歳を重ねるにつれて、その方面に興味を持ち始める気がする。


いまはまだ会わなくていいけれど、

わたしはそれまでに、たくさんやりたいことをするのだろうと思う。

そして、わたしはこのまま子供みたいな宇宙人みたいに歳を経ていくのかと思いきや、

意外とそうでもないという事が判明したし、なんだか良い感じだ。



私がツインを愛するということは、私の中の最大の否定を愛するということであって、

それはほんとうに、世界平和にも影響している。

ツインレイは、不思議だ。

私は、全てを受け入れられるような、全てに愛を見出せるような人になりたくて、生まれて来たんだった!ということを思い出した。

私の中の最高に嫌いなものを、愛するということ、その威力のすごさ、

だからツインレイはアセンションに関わっていると、みんな言っているんだなぁと納得した。













.

広告を非表示にする