読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトランティス

自分の路をたどります

財布の色

財布を新しくする事に決めた。なんと、赤色。赤色の財布を見た瞬間、身体が燃えた。これは、生きれる!!そう思って赤にした。 思えば、私のオーラの色は紫で、深く考え過ぎると青が増える。だから赤があってちょうどいいのかもしれない。 どうかな? 風水は…

玄米食堂元気屋さん

玄米食堂元気屋さんが、閉店することになっていた。数回しかごはんを食べていないけれど、いつも自然食を出してくれることは、とてもありがたくて、とても贅沢で、けれどもフィットした食を提供してくれて、大好きだった。いつも元気屋食堂はわたしの頭の中…

歴史を終わらせる

奴隷だったかのような記憶がある。子供だった私は、分からないなりに濡れた雑巾で床を両手でごしごししていた。わたしはまだ小さくて、腕はぷにぷにしていて、肉付きが良い。小さい。 髪は長かった。時々、庭で遊んでいたら、幾つか年上の白人の男の子たちが…

入りたくなる

神田駅から少し歩いて、なんだかすご〜く入りたくなる店があった。 まるで、ピラミッドに入るかのような気分!! .

明治神宮

先日、明治神宮へ行って来た。明治神宮の上空には、目には見えない光の神殿があるのだと、ヤンタラジロー氏が言っていた。そして、「明」という時が好きで、雨の中行って来た。明治神宮とは、明治天皇のお気に入りの場所だったのだとか。わたしは昭和天皇と…

記憶②

この地球に生まれると決まった時の記憶。 遠い遠い、太陽系から遠い場所、宇宙の中でも都会とされる場所に私は住んでいた。私は当時リッチな暮らしぶりで、巨大な宇宙船を持っていた。着るものも雅な雰囲気で、見たことない模様の着物を上着のように肩にかけ…

記憶①

2つの宇宙時代の記憶がよみがえった。けれど、2つともこの宇宙での記憶だ。 ひとつは、戦争中の記憶。わたしは、どこかの星からきた、または来なければならなかった存在で、それを迎え入れたのは強面な大きな男の人だった。彼はその星ではそんなに偉い地位で…

わたしたちの物語

とあるセミナーに参加してきた。そのセミナーでは、自分の魂が、どの星から来たのかをこっそり教えてもらうという、サプライズがあった。どの星からと言われても、私の少ない記憶だけでも、プレアデス、オリオンと2つある。ほかにもあるかも知れないし、シ…

最上稲荷の奥の院(岡山)

最上稲荷付近に用事があり、ついでに昔買ったおまもりを返却しようと思い、最上稲荷へ。ずっと気になっていた、奥の院へ行ってきた。いつも、気になりつつやめていたが、今回は登ろう!となぜか奮起し、登った。距離はそんなに遠くないだろうとナメてかかっ…

脳と視界

最近、右脳と左脳についての情報が入ってきやすい。右脳と左脳のバランス、脳の殆どは油で構成されている、右目と左目のバランス、最近おすすめされた芸人が脳みそ夫だったりなど、、 視界がなんだか感覚が変わって、自分は右脳をあまり使っていなかったと、…

夢のクレイジーケンバンド

私にとって、クレイジーケンバンドは夢だ。いろんな楽器と、素敵なボーカルがいて、歳を重ねても、仲間と共に日本中をまわって、夢をふりまき、楽しいことをふりまき、素敵な音楽を轟かせて、まるで祭みたいだ。私は、仕事で忙しい時でも、その風を感知して…

シャーリー

シャーリー・マクレーンの新著が発売になる。もうなっているかもしれない。題名は、アメリカでは「ABOVE AND BEYOND」。日本ではこれから翻訳されるのだろうか?それとも、されている最中だろうか? わたしの中の、シャーリーへのこの愛は、なんだろうか。私…

編み物

現在、10月後半。編み物の季節である。猛烈に編み物がしたい。約3年ぶりの衝動が訪れた。 3年前、私は、職場だったレストランが潰れそうなので辞めた時だった。それから、仕事をしたくないと思い、ひたすら小物を編みまくっていた。主に、コースターなど…

小澤征爾さん

夜にTVを点けたら、小澤征爾さんが指揮をしていた。病気から復活された時から、すっかりおじいさんになっていた。どうしてこんなに、老いは早いのだろうか。 小澤さんが大好きだ。指揮をしている所や、何かに集中していたり、夢中になっているところを観るの…

支配者たち

宇宙人からの支配の終焉が、迫っている。明らかに何かが違う、わたしの長い長い苦しみも、少しずつ変化して、本当の自分のエネルギーを感じる頻度が増えた。まず、朝起きた時、ダルさよりも、ただ存在することへの喜びで体が振動していることが多い。それは…

光ってる

最近、買い物をするとき、自分にとって必要なものが光って見えたりする。この前、赤飯のおにぎりが光っていた。わたしは欲張って2つ買った。めちゃめちゃ美味しかった。 光だけを信じて、生きていけたら素晴らしいのだろうな。 .

わーお!なこと。

お昼休みに、パラマハンサ・ヨガナンダの講話を書物化した、「神と話をする方法」という本を読んでいた。これは、1944年にハリウッドの寺院でのヨガナンダの講話をまとめてある、薄い本だ。なのでお手頃価格だった。なんといっても、本の題名が魅力的。ニー…

造山古墳

造山古墳にいってきました。 そして、その流れで鯉食神社にも行ってきました。 とても清々しいところでした。