読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトランティス

自分の路をたどります

パワースポット

日本各地のパワースポットを訪れる人の動画をみていた。私にとって、繋がりの深い場所はどこだろう?そう思ったとき、頭に「黄泉の国」が浮かんだ。黄泉の国といえば、神話のなかではあまり良い印象はない。だけど、黄泉の国に繋がった瞬間、私はとても癒さ…

にくめないトランプ

トランプおもろい。いとおかし。 イスラエルを訪問し、壁を触ったりしていたが、あんまり深いこと考えてなさそうだ。笑ってしまった。イヴァンカや国民に育てられる大統領となるか。 今後どんなふうになっていくのだろう。なんか、アホっぽいのに、方向性が…

阿天とアテン

http://sari-mk-44.hatenadiary.com/entry/2017/04/30/002922 以前、阿天という太陽みたいなエネルギーの存在が、私のなかに入ったことについて書いた。なんと、エジプトにも、アテンという太陽神がいるらしい。もともとは太陽神ラーから分離したラーの一形…

職場の同僚

現在の仕事につき5ヵ月ほど。とある職場の2つ年上の人がいるのだが、何気ない日常でやたらその人に関するメッセージがくる。私はとくに好意を持つでもなく、ただの同僚としてみていたのだが、もう長い間、何気ない場面でそのメッセージがあらわれるので、な…

ラジオの件の流れのなかで、目の状況も調べた。目から出るエネルギーが、まるでカタツムリみたいになっている。それは、遠く長くのびて、別次元を見ているようだ。だからいつも、目を瞑って寝そうな時、はっきりした映像が見えるのかも。 もどってこい、もど…

ラジオ

約1週間くらい、ラジオが気になってしかたがない。ちいさいラジオを検索し、ずっと気になり続けている。ふと、なんだこの状況と思い、これは、あたまのチューニングは選べるよというメッセージだと気づいた。そうか。 そうすると、今まで検索しても見つかる…

あたまのなかノート

夢と現実、それは、まるで表と裏。地球の北極と南極くらいのもんだ。 けれど、わたしは夢と現実が乖離していることは不自然過ぎると思っている。どうしても繋げたいのだ。その為、自分の中で重要なことは、なるべくノートに記すことにした。あたまのなかのこ…

謎の景色

朝眠りから覚めた瞬間の、目を開ける前。夜眠りにつく直前の夢と現実の狭間に居るとき。そのとき、謎の景色をたまに見ている。それはまるで、一枚の写真を見ているかのよう。 日中の目を閉じた瞬間、瞬時に夢の世界の物語が始まることがある。それは、確実に…

Yeah Yeah

木枕効果で、うちなる私が踊っている。「Yeah Yeah Yeah Yeah Yeah」という具合に、軽妙なリズム感で踊りそうだ。 もちろん、寝ている最中は大変苦しい。なにせ、骨が歪んでいる。寝ながら、「もう無理だよぉ」と思うほどなのだが、整えられているからか、内…

神の通り道

仕事の合間に、とある神社へ寄った。なんだか気になるので、一度は行っておこうという心持ちで立ち寄った。鳥居を見たり、案内板をみたりと、境内を何度か往復したのだが、どうにもこうにも、気づいたら、まるで吸い寄せられるかのごとく、神の通り道といわ…

捨ててしまった敷き布団

木床をAmazonでポチったので、届くのが待ち遠しすぎて、敷き布団をどけて、直にすのこにシーツを敷いて寝た。翌朝、目覚めは苦しい。まだ木枕に慣れていない状態から、急に敷き布団もどけたので、やっぱり急な変化に体がうめき声をあげている。だが、わたし…

プレアデス

以前、プレアデスでの自分を見たことがある。その自分は、見たことのない着物を着ていて、ものすごく楽しそうにこちらを見ていた。プレアデスといえば、基本が楽しい人たちなので、その為、現実を見ずにそのまま楽観し続け、星が大変なことになった的な歴史…

来夢来人

木枕に続き、木床をAmazonにてポチった。西式健康法というのだそう。木の床と枕で気持ちよく寝て目覚める生活にかなりの期待をしている。もちろんはじめのうちは痛いかもしれないけれど、わくわくしているからだいじょうぶ。そして、ゆくゆくは不食になりた…

木枕サイコー

昼に木枕が届き、受けとるやいなやすぐに首にはめて寝てみた。なんと、なんじゃこれは!寝てみてすぐに、お腹と腰が楽だ!と思った。首の流れがお腹に影響している、そして、首の骨が腰にめちゃめちゃ影響している!首とお腹がぷくぷくぽこぽこ動いていた。…

本来の生態

カビがはえたら嫌なのですのこベッドにしたのに、敷き布団にカビがはえた。かさばるので布団大嫌いな私は、余計にいやになった。布団嫌いになったところで、再び新しい布団を買うなど、嫌に決まっている。私はなんとかならんだろうかと、考えた。 すると、ぴ…

阿天

朝起きて、「もう嫌だ」と思った。起きた瞬間のからだの重みに、耐えられない。何故だと感じて、そのまま瞑想して自分の様子を見た。すると、妖怪や悪魔が私のからだの回りにまとわりついている。私はその事実を凝視して見ていると、それらが離れていく。離…

自分のなかで誰かが喋る

ネギのシチューが食べたくなったので、つくった。少ない水でネギを茹で、そこにミルクを加え、シチューのもとを入れ、ある程度煮えたところで火を止めた。「このままあと15分ね」と、自分のなかで誰かがしゃべったし、私の頭もそう思った。私は、なんでじゃ…

デジャ

先日、またもやデジャヴが起きた。デジャヴが多発する中、いつも感じるのは、成長している自分が居るということ。前回体験したときの感覚を客観視し、前回とは違った角度からその出来事を見ている自分が居るということ。厳密にいうならば、怒りが伴う出来事…

探しているもの

夢中になって観られるアジア系のドラマを探していた。どこかで見たとても面白かったものに、また遭遇したくなったのだ。小説や漫画も、そんな感覚で探す。 ほかにも、服や家具、出会いたい人、場所など、すでに知っている感じがするのに、知らない何かを、い…

フィリピンに行きたい。

猛烈に、フィリピンに行きたい。忙しい毎日のなかで、フィリピンに思いをよせることは、私にとってかなりの安らぎとなっている。なんだか、体がとても楽になるのだ。フィリピンについて考えていると、部屋の掃除がとてもはかどった。片付け、掃除や洗濯など…

いろんな神

日本には八百万の神がいると聞くが、そのなかにはきっと障害者もまざっているはず。障害者施設の様子をバリバラで見ていたら、まるで神々の世界みたいだと思った。本当に、見ていると安らいでくる。私も、生まれる前に天国で、「そろそろですよ」とお知らせ…

将来起こることを覚えている

将来起こることを、思い出すことが多々ある。近い将来のあの時、こうだったなぁ。など。もう一回それを体験するのはつまらないから、どうしよう?そうならないようにするにはどうしようかなぁ?そんな風に考えながら生きているだけで、現実がかわってゆく。…

解放

黒人たちが身につけていそうなアクセサリーを買った。素材は紙でできていて、安価で、とてもカラフルで良い。黒人は人類の宝だ。 彼らの集中力といったら、物凄い。彼らの瞬間瞬間へのパワーの注ぎ具合といったら、力強い光そのものである。彼らはいつも輝い…

宇宙の戦士

昨日から、CHAGE&ASKAのon your markが頭の中に流れている。子供の頃、初めてCHAGE&ASKAを見たときの感動を思い出させてくれる。あの時、基本的にテレビ番組は全て、なんだかよくわからないものだなぁと、小さいながらも感じていたのだが、CHAGE&ASKAの曲を…

3次元に突然あらわれる

「あれは3次元に突然あらわれるものらしい」という言葉を聞いた。その瞬間、妹を思い出した。妹と会うと、そういう感じがするのだ。たまに、本人に伝えるときもあったが、本人は勿論「?」と言うような反応をする。わたしは、その感覚が不思議だった。本当…

ミュシャの描いた目

録画にミュシャの特番が写っていた。ミュシャの絵が好きな多部未華子が、ミュシャの絵を観に行っていた。ミュシャはチェコ生まれで、パリに出て活躍した。その後チェコに帰り、チェコのために絵を描いた。パリ時代に描いていた絵は夢のような美しい絵ばかり…

エジプト

とある人にエネルギーを送ったことをきっかけに、頭が鳥で、体は人間という、古代エジプトの神に遭遇した。全てが黄金に輝き、私はその影響を受け振動し、「な、な、何!?」という、訳のわからない展開に驚き続けていた。ずっと、いまも、気になってしかた…

アニキに恋して

現在、台湾の「アニキに恋して」というドラマにはまっている。テレビ欄で偶然「アニキに恋して」という文字を見て、何か気になり、録画しておいたら偶然それが第1話だった。そこから、なんだこの懐かしさは、、という感覚にかられ、見続けている。特に話の…

たまに見る夢

夢の中で、自分がいろんな人になっている夢を見る。それは、最初からそうなのではなく、自分自身は空を舞う傍観者なのだが、それを見ているうちに心配になったり、好奇心がわいたり、何だかよくわからないが引っ張られたりしたら、その人の体のなかに入って…

多次元の身体

日々仕事をしていて、身体が「居る」時と「居ない」時とがある。そして、「居る部位」と「居ない部位」とがある。手だけ居る時、足だけ居る時、腹に居る時など、居るとしても、部分的にしか居ない時がある。 めったに無いが、全身居るときは本当に、それだけ…

なんかわかるようになってきた。

わからないときはわからないが、わかるときはわかるようになってきた。いままでの1番の苦しいことは、物事に集中することが困難だったことなのだが、集中度が増してきている。自分が一部戻ってきたとしか言い様がない。ありがたきしあわせ。もっと自分を、…

おしゃれな大人

先日、地元に雅楽師の東儀秀樹さんと、ヴァイオリニストの古澤巌さんと、ピアニストの阿部篤志さんがコンサートにやってきた。トータル休憩合わせて2時間半ほどの楽しい時間だったのだが、 興味深過ぎて体感覚では30分であった。(マジ)細かいことを言うと山…

再び会う

昨晩、寝ながら伏見について考えていた。伏見稲荷の犬のような頭を持つ白い巨人に、昔呼ばれた事があったことを思い出していた。なぜ、犬なのか? なぜ、伏見と書くのか?人へんに犬 を見るで伏見。。。 すると、昨晩、そのまま繋がってしまった。繋がったの…

自分の中の強い人

自分のなかに、とてつもなく強い人が居る。今世の私は弱いけれど、心の奥底には、とてつもなく強い人が居る。私が現実逃避したとき、ガツンと殴られたことがあった。当時は変な心霊現象が起きたと思ったのと、その感じた事のない痛みに怯えていた。けれど、…

全く新しい事

人生は、起こるとわかっている事よりも、全く新しい事が起こる方が何倍もたのしい。当たり前か。 日々エネルギーについて考えて、どうやったら全てを集められるか?ばかり試行錯誤している。現在の仕事はとても体力と気力が必要で、気を抜くとすぐに怪我をし…

体型

ブルゾンちえみが好きだ。体型、顔、エネルギー、全部好きだ。ブルゾンちえみがテレビに出ていたら、私は目が離せなくなる。あの体型に見惚れる。 どうして私は今世、この体型なのだろう?と考えることが多々ある。力を使う仕事を始める前までは、 「華奢な…

共存共栄

仕事でとあるおばあさんのお宅を訪れ、そこで若干のトラブルがあった。私はその流れがまとまるのを待ちながら、おばあさんの愛犬ラッキーと遊んでいた。ラッキーは、小型犬。獅子舞にそっくり。とても楽しそうに私に興味津々だ。私は、昔見た真っ黒の子ども…

楽しそうな僧侶

以前、自分のガイドと出会うための瞑想をした時に、雲の上からひょこひょここちらを覗いている、機敏な動きをする、オレンジの袈裟を着た僧侶が見えた。その時、そんなに嫌な感じはしなかったが、また変なものを見たと思って、私は受け入れなかった。けれど…

価値観

自立への過程の中で、ここ最近の価値観の変化には、自分でも驚く。今までの私は、他人に合わせ過ぎていたのかもしれない。街をゆくいろんな人たち、髪を染めたり、流行りの服装をしていたり、少し前まで自分もあんな感じだったのに、今では流行りの服装に興…

イザナギ

先祖とつながる事に対抗がある事に気がついた。これは前から自覚していた事で、実際に親戚や身内と仲が良くないので自然と先祖に対してもそんな感情が湧いてきやすい。けれど、事実、この身体は先祖からもらったもの。私が歩いていて幸せな時、ふかふかの布…

次元突破月間

毎回、仕事を変えるたびに、ちゃんといろいろ考えて就くのだが、毎回知っている状況に鉢合わせる。正夢や、デジャヴというやつだ。 若い頃は、神がくれた「そのままで良いよ」というサインではないかと信じて、そのまま頑張って生きるぞ!と思っていたが、こ…

宗教

うちにたまに、宗教勧誘がくる。昼間にピンポンが鳴って出ると大概それだ。昨日も、「こんなサイトがあります」とのチラシをもらった。見たら宗教だった。 その日の夜、映画が安い日だったので、題名は忘れたが、漢字2文字の長崎のキリシタンに関する映画を…

一目惚れした話

数年前に、一目惚れをした。時間の流れがわからないのだが、私の予想では2年前くらいではないかと思われる。近所のショッピングモールの本屋で、レジに並んだ時だった。私はあの時期、神話に出てくるスサノオのことばかり考えていた。寝ても覚めてもスサノオ…

羽を伸ばしたい

イシスには翼がある。いつか会いたい。最近、自分の腕や足の内側に、太陽などのエネルギーが流れやすいことに気づいた。自分が太陽になると、エネルギーが流れて身体が熱くなり、足や腕の内側に力が入れやすくなり、体の、軸が整う的な事が起こる。イシスは…

SUMOKING

稀勢の里が横綱になった。若乃花以来、19年ぶりなのだそうで、私は子供の頃若乃花を見てたから、とっても久々の日本人横綱であって、若い世代の人たちにも、初の日本人横綱となるわけだ。んーーーー、かっこいいですな、稀勢の里。んーーー、かっこいいです…

アイドル

新しい職場の先輩がbig bang好きだった。よくLIVEに脚を運ぶのだそうで、3月に韓国へ行くかもと言っていた。何故、人はアイドルを好きになるのだろうか?何故、そんなに夢中になれるのだろうか? 以前、映画を観に行った時、激しくうるさい客が数名居た。と…

存在するだけで緊張

今日は休み。朝起きて、身体はガチガチ、私は夢の中で一生懸命、オーケストラの中でピアノを弾いていた。夢の中では、私は訳が分からず弾いていた。とにかく曲調が速く、私は音符が読めないので、自分の弾くパートのリズムだけを追いかけていた。他の楽器た…

仕事選び

人間として身体を持って生まれたということは、私たちは生きている限り、身体を使って生きるということだ。そんな単純で当たり前な事に気がついたのはつい最近で、怠け者の私は、動かないことこそが最高の楽だと信じていた。けれど、実際に私が幸せを感じる…

酉年

階段を見ると、駆け上りたくなる年始。酉年は良い予感がする。 電車の中で、どうやったら周りに影響されないだろうかと工夫していた。すると、私は再び、エジプトの壁画に出てくるような頭が鳥の神になっていた。そのゴールドエネルギーは、まさに太陽のエネ…

婆ちゃん

夢の中でとある先住民族のもとへ行っている夢を見た。これは今日で2度目の訪問だった。先住民たちは沼を中心に生活していて、雑に造られた小舟を漕いで案内してもらうのだが、小舟が水面スレスレで、今にも水が入ってきそうなのだ。前回はだいぶ水が入って…